忍者ブログ
二次創作活動サークル「SPOT・PILE」のブログです。
次回参加イベントは「コミックマーケット89
3日目(2015/12/31) 西地区 さ ブロック-27a SPOT・PILE です。
[25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

見て来ましたヨ!
漢臭あふれる筋肉映画『300』を!

予告編見た時から熱いと思い、絶対見に行かなければ!
と、相方と鼻息を荒くして行ってました。

んで、ポスターとか見るとどうやらロードショーは6/9からの
ご様子。
あと一週間お預けかとしょんぼりしていた所、なんとうちの
ご近所の映画館が先行ロードショーをするご様子。
天は我らを見放さなかった!といわんばかりに映画館へGO。

作品自体は15歳以下閲覧禁止で、そのせいかお客の出入りは
予想していたものより遥かに少なかったので、のんびりと観賞
出来ました。

以下、あらすじとか感想とかなので、文字色反転。

----------------------------------------------------------------------------------------------------
舞台は古代ギリシアのスパルタ。
あの「スパルタ教育」の語源ともなった英才教育の
スパルタです。
おおすじはスパルタに「下僕になれ!」と迫ってきた当時大国
だったペルシアの属国の使者を殺したことからペルシア軍が
大量に攻めてきて、その侵攻を食い止める話。

しかし、当時スパルタは神の使いの許しがないと戦争をしては
いけないという法が存在した。
神の許しがでず、スパルタ軍を出撃できない王様は、個人的な
親衛隊として300人の精鋭を集め、10万のペルシア軍の侵攻を
止めるため出撃するという展開です。


まず感想として、
戦闘シーンが熱い!
基本的に群集戦闘で展開していきます。
とりあえずペルシア軍がまるで子供のように押されていきます。
大きな盾を前に構え、敵軍に体当たりをかまして隊列が乱れたところに
後列の槍がぶすり、という感じで。

15禁も手伝ってか、血の描写が非常に多く、
普通の戦争もので刺されたらそれで倒れるのではなく、
血が飛び散り、手足が切れ、首が飛びます(笑)
非常に残念なのは、首ちょんぱされても血が噴出さなかった事でしょうか。

映画の構図的に
スパルタ軍=善
ペルシア軍=悪
という構図で描かれていたので、スパルタ軍がペルシア軍を圧倒して
いく様は爽快でした。

最後は歴史どおりの結末を迎えますが、
「揺るがない不屈の精神」と「死を持って体現する事」を表現されて
いるのではないかと。レオニダスかっこよすぎ。
----------------------------------------------------------------------------------------------------

あ、結構グロいシーンがあるので心臓の弱い方、手足が吹っ飛ぶ
描写が嫌いな方は覚悟を決めて見た方がいいかも知れません。
久々にお金払って満足できた映画でした。

…やばい、この時期にあんな映画みたら、
サンクリのなのは本がえらいことに…?
多分手足が軽く吹っ飛ぶ漫画か、バリアジャケットとかいいながら
屈強な筋肉に覆われた肉体を露にする魔法少女ものに(笑)









あと、コミケ落ちました(泣)
今年はゆっくりな夏が過せそうです…。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
pixivなど。
けん
プロフィール
HN:
けん・A’
HP:
性別:
男性
自己紹介:
二次創作サークル「SPOT・PILE」の情報とか駄目な文を乗っけるページです。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
PR
忍者ブログ [PR]